結婚祝いのお返し

注意点について

ウェディング

結婚祝いをいただいたら、半額程度の金額で内祝いとしてお返しの品を贈ることがマナーとされています。その際の注意点としては、結婚祝いをもらってから1か月以内には贈ること、別れを連想させる割れ物や偶数の品物は避けることです。さらには、のしをしっかりつけたり結婚祝いに対するお礼状やメッセージカードを同封することによってお返しの品であると相手にわかるようにします。 品物を贈る際には相手の好みがわからないので食品や洋菓子などを贈る人も多くいます。食品を贈る際に気をつけたほうがいいことは、賞味期限の長い食品にすることが必要です。披露宴に出席していただく人には、引き出物がお返しの品の代わりになりますので、当日のお祝いを辞退します。

結婚祝いのお返しをお得に、そして快適に利用する方法はいくつかあります。 まず、結婚式場を申し込んだ場合は式場やプランナーさんの紹介する業者でお返しを注文すると安くなったりすることもあります。何にしたらよいかわからない場合は、かつおぶしやバームクーヘンなど縁起の良い品物にすることで、迷わずに決めることができます。 相手が喜ぶ品物がわからない場合は、手軽にカタログギフトを利用してもらうこともできます。最近はグルメの情報が充実していたり、温泉やエステ、レジャーランドなどの体験型のカタログギフトもあります。いただいた結婚祝いの半額程度がお返しとなるのですが、金額ごとにさまざまなバリエーションのカタログがありますので安心です。